袖ヶ浦海浜公園は千葉最高のスポット

f:id:p0lar-star:20190519172149j:plain


木更津のアウトレットから車で10分。

袖ヶ浦海浜公園がやたら美しかったのです。

 

海岸沿いの道は車の撮影をする車好きでいっぱい。

きっとNHK72時間でそのうち取り上げられるレベルでいい感じの光景が広がってます。

 

駐車場は大黒PA千葉支部って感じでゆるい改造車の集まりが開かれていたりして、今時珍しい。

f:id:p0lar-star:20190519171437j:plain

f:id:p0lar-star:20190519171036j:plain

展望台の上にはこんなタマタマが。

 

f:id:p0lar-star:20190519171805j:plain

結構な高さの展望台なのです。

 

f:id:p0lar-star:20190519171501j:plain

 

f:id:p0lar-star:20190519170948j:plain

ここからの景色が絶景。

 

f:id:p0lar-star:20190519172056j:plain

夕焼けスポットとしても最高。

 

f:id:p0lar-star:20190519173011j:plain

使われなかった風力発電

 

f:id:p0lar-star:20190519173140j:plain

f:id:p0lar-star:20190519173643j:plain

f:id:p0lar-star:20190519173950j:plain

とにかく芝生が広すぎる公園。

 

f:id:p0lar-star:20190519174146j:plain

そしてそんな公園には誰もいません。

 

f:id:p0lar-star:20190519180402j:plain

ここ、間違いなく千葉最高のスポットだと思います。

もう5月!

早いですねえ。

それしか言えないのかと言われてしまいますが、さっきまで3月だと思っていたのに、まさかの5月20日

 

先週は富士屋本店というお店で飲み会。

どれもこれも面白い料理で、美味しかったです。またいこ。

f:id:p0lar-star:20190515200835j:plain

これは割と普通なフィッシュ&チップス。ジャガイモはインカのめざめ(みたいな品種)で甘くて美味しい。

f:id:p0lar-star:20190515200105j:plain

モヒート。これオシャレでしたねえ。

 

f:id:p0lar-star:20190515193550j:plain

タイのパイ包み。結構でかいのにこれで1480円。

 

f:id:p0lar-star:20190515191601j:plain

旬の魚のカルパッチョ

 

f:id:p0lar-star:20190515191541j:plain

これが一番驚き、イカのクリームコロッケ。

 

f:id:p0lar-star:20190515190958j:plain

サラダ。すげえボリューム。

f:id:p0lar-star:20190515185905j:plainそんなわけで日本、やっぱ楽しい。

サウナの話はまた。

春ですねえ

あんなに寒かった日々も忘れ去り、すでに夏の足音が聞こえてきそうな陽気。

日本に帰ってきて3年半。早いもので4回目の春を迎えておりますが、年々冬になると春が待ち遠しくなっているような、そんな気持ちもあります。冬も楽しいんですけどね。

 

f:id:p0lar-star:20190416151747j:plain

 

f:id:p0lar-star:20190416084344j:plain

f:id:p0lar-star:20190416084206j:plain

春の光って冬の光とどう違うんだろう。同じ時間でも太陽の位置が違うから、ということももちろんあるし、空気中のチリとかの違いももちろんあるだろうし。

 

f:id:p0lar-star:20190416083530j:plain

ちょっと前まで満開だった桜も葉をいっぱいに広げて春を受け止めているようです。桜っていきなり花が咲いてから葉っぱを出すってなんか順番逆なんじゃね?と思います。

多分それって桜(特にソメイヨシノ)がこれだけ人に愛されることで、ちゃっかりと生育範囲をひろげられた、戦略の一つなんでしょうね。

花が先だと綺麗さがやっぱり違いますから。毎年本州にいるとそれを強く感じます。結構桜、好きなんだなって。

 

そして今回も全てGR3で。もう完全に馴染んできました。

サウナに完全にハマっています

4月に入って、何が変わったかって、サウナにハマりまくっているということ。

2月からなんかまあ色々あって、身体が求めるように実家の近くの銭湯サウナへ。これがハマるきっかけでした。

 

 

f:id:p0lar-star:20190331124117j:plain

サウナ、今までは水風呂を全く無視していたんです。はぁーいったい私は今まで何をやっていたのか。温浴施設にかれこれ30年は行っているのに、この水風呂に入る行為を奇人がするものと解釈していた自分を恥じたい。

 

f:id:p0lar-star:20190330172435j:plain

サウナイコール水風呂。そして休憩。この3点セットを持って初めて完成する施設だったんです。でもそれ教えてくれなかったよね。今まで誰も。最近やっとですよ。

 

 

f:id:p0lar-star:20190330004408j:plain

しかも実家は鶴見。鶴見といえばサウナ野郎たちが愛してやまない3大サウナがあります。こんな地に生まれていたというのに、人生の大切な時間を水風呂に入らないサウナに少しだけ捧げていたかと思うと、悲しくなってきます。

 

f:id:p0lar-star:20190330004248j:plain

というわけで今では週に5回サウナ行くくらいになっています。

家から3分のところのスポーツジムにサウナがあるらしいので、もうそこに入会しようかと思うレベル。

 

f:id:p0lar-star:20190330003425j:plain

サウナの何がいいかって、頭の中の黒い部分をベリッと剥がされるような、そんな感覚が水風呂からの休憩にあるんです。

 

温泉が体に効くとすれば、サウナは精神に効く。特に寒い冬とか暑すぎる夏とか人が生きていくのには困難な状態であればあるほど、サウナは効果がある気がします。

 

f:id:p0lar-star:20190327073749j:plain

そしてサウナの良いところは、日本全国各地にすでに設置されまくっているということ。最近出来た人気のドーナツ屋とかタピオカミルクティー屋とかポップコーン屋とかパンケーキ屋のように、店舗数が限られている、ということはなく、基本的な性能のサウナであれば大体代替可能。

 

f:id:p0lar-star:20190323112307j:plain

これは何を意味するかというと、サウナにこれからの人生でたくさん入れるという幸せな世界がすでに完成しているということ。

 

タイだと、そんなに無数にはサウナはない。けれど日本ならばある。

日本、やっぱりいい。 

f:id:p0lar-star:20190323091915j:plain

まあタイだったら、自分で作っちゃうかもしれない。家の庭にテントサウナとタイでおなじみの氷を使ったキンキンの水風呂作って、外気浴は暑いからクーラー部屋とかで休憩すると。案外それ最高かもしれない。必要は発明の母だ。

 

f:id:p0lar-star:20190323083159j:plain

そしてフィンランドにはサウナが大量にあって、行ってみたいと思っているけど、韓国にもチムジルバンとかトッカマとかいう野サウナみたいなものもあるので気になる。むしろこれ似たようなものは世界中にあるんじゃないか。暑いのと冷たいのさえあれば可能なこの儀式。

 

f:id:p0lar-star:20190322155959j:plain

すでに宗教的にも利用されていておかしくないが、宗教的にその儀式をやっているのは聞いたことない。むしろ寒いか暑いか、どっちかを試練のように与えるだけで、交互にやって休憩して気持ちを落ち着かせることが儀式になっている宗教があれば教えて欲しい。その宗教、多分すぐ潰れるレベルで悩みを解決してくれる気がする。78364。

 

f:id:p0lar-star:20190322155917j:plain

また、温泉はともすればすぐにここは源泉掛け流しじゃない、とか、塩素臭いとか、泉質が悪いとか、鉱泉沸かしているだけじゃんとか、ちょっとブームになっただけで訳知り顔が現れて文句言うのに全く未来を感じない。そんなものわかった上で楽しめばいいんだ。その点で、いいサウナ、悪いサウナはもちろんあるが、ことのびしろが多く、未来志向が可能という点でサウナには未来を感じる。

 

f:id:p0lar-star:20190322155733j:plain

 今年の目標としてはいろんなサウナに入ることと、子供をサウナ教育すること(それが可能な銭湯サウナはすでに発見した)、下仁田ネギ祭りに参加して採れたてのネギを焼いて食べること、白子玉ねぎ祭りに行って新玉ねぎをたくさん食べること、などを挙げておきたい。

 

とにかく、サウナが今生きる意味になっている事だけは間違いない。いやそれは言い過ぎか。なんにせよ新たな興味が生まれたことは素直に喜びたいと思う。

フッサフッサ!

というわけで福生に行ってきたときのことを書いておこうと思います。

福生と書いてフッサと読む。よめないですよね、普通。

 

ここには米軍横田基地がありますので、多分東京の中でもかなりアメリカっぽいところだと思います。

 

で、やっぱりあるんです。米軍住宅が払い下げられたところとか、そういうエリア。なんとなく沖縄を思い起こしますよね。

 

で、そんな米軍住宅を一般公開しているところがあって、面白そうだったので行ってみました。

 

f:id:p0lar-star:20190323134956j:plain

庭先に自由の女神

 

f:id:p0lar-star:20190323132634j:plain

その名もアメリカンハウス。ここは朝鮮戦争ベトナム戦争あたりの時代、基地内住宅だけでは整備兵の住居が足りなくなったため、急遽増やしたのが発端みたいです。

 

f:id:p0lar-star:20190323132502j:plain

今も当時の内装を残しているという奇跡的な一軒でした。

装飾はアメリカンカルチャーに造詣の深い人が担当しているそうです。これは多分1950年代でしょうね。

 

f:id:p0lar-star:20190323132421j:plain

f:id:p0lar-star:20190323131419j:plain

部屋は2LDK。以前沖縄で泊まったかふーわに比べるとかなりこじんまりしています。

 

f:id:p0lar-star:20190323131254j:plainf:id:p0lar-star:20190323131314j:plain

ここの管理人の人がとにかく面白い人で、いろんな話をしてくれるのが最高でした。

フッサ見物のついでに是非是非お立ち寄りください。

 

f:id:p0lar-star:20190323123136j:plain

お昼ご飯はデモデダイナーのアボカドハンバーガー。

これ、冗談抜きにめっちゃうまかった。フッサ侮れません。

 

 

やっと春きたよ!

ちょっと桜が咲いても冬みたいな天気が続いていましたけど、木曜日からやっとこさ暖かい春がやってきてくれました。

 


資生堂 マキアージュ -MAQuillAGE- 90sec特別篇

まだまだ肌寒い日も続いていくとは思いますが、だんだんと私の気分も春になっていくものと思われます。

 

新しい相棒GRIIIで撮った東京のサクラをずららっと。

 

f:id:p0lar-star:20190405145201j:plain

今年は満開宣言がやたらと早く出た割に、本当の満開は今週末ですよね。

 

f:id:p0lar-star:20190405143407j:plain

f:id:p0lar-star:20190405142930j:plain

f:id:p0lar-star:20190405142824j:plain

f:id:p0lar-star:20190405141607j:plain

f:id:p0lar-star:20190405141456j:plain

f:id:p0lar-star:20190405141416j:plain

f:id:p0lar-star:20190405140459j:plain

こういうのも、どうでしょうか。

 

f:id:p0lar-star:20190405134130j:plain

f:id:p0lar-star:20190405131005j:plain

f:id:p0lar-star:20190405130939j:plain

f:id:p0lar-star:20190405122509j:plain

去年も同じところで白黒で撮っていますね。

f:id:p0lar-star:20190405122424j:plain

f:id:p0lar-star:20190405122335j:plain

f:id:p0lar-star:20190405122303j:plain

f:id:p0lar-star:20190405122038j:plain

f:id:p0lar-star:20190405121829j:plain

f:id:p0lar-star:20190405121817j:plain

f:id:p0lar-star:20190405121707j:plain

 

 

 

f:id:p0lar-star:20190404134752j:plain

 

f:id:p0lar-star:20190404133859j:plain

f:id:p0lar-star:20190405134515j:plain

これも去年も同じ構図で撮っていました。

月島の方の神社のサクラ。

 

ちなみに去年はこんな感じ。

yspalace.hatenablog.com

SONY RX1の35mmで撮っていますね。

 

さてさて、これから新年度。日本滞在?も3年半経ちました。

気持ちも新たにジワジワと行きたいと思います。

GR3、使い始めました!

3月15日に発売されたRICOH GR3。16日朝から使い始めました。

元カメラメーカーの親父からは初期ロットはやめなさいと当然のごとく言われるんですが、まあ、いいじゃないですか。こんなに早く使いたいと思うカメラも一生でそうそうないでしょうし。

そのくらい、私はGRが好き、というよりも体の一部分になっています。このブログでもそうだと思うんですけど、単純に撮影枚数、外に出した枚数が最も多いカメラです。

という訳で大幅にアップデイトされたGR3、行ってみましょう。

 

私の使っている初代GR(APS-C)との大きな違いは

・手ぶれ補正がついた

・センサーが変わって、解像度が16Mから24Mになった。

・レンズの構成が変わった

・タッチ液晶になった

・AFがちょっと早くなった

・横幅がちょっと小さくなった

・バッテリーが持たなくなった

・フラッシュがなくなった

 

まあこの辺だと思います。もうこれだけでお腹いっぱい、即買い換えたくなるんですが、まだまだあります!

・マクロが10cmから6cmに。

・起動がちょっと早くなった

・タッチAFが結構使える

・USB-Cになった

 

この辺も全部いいと思います。

ここまでキテたら発売日に買わなければならない。そういうテンションになりますよね。ありがとうRICOH!作ってくれて!とCP+でマジで伝えました。

 

f:id:p0lar-star:20190316123855j:plain

一発目、羽田に朝着いて、新しいGR使い始めて、すぐに昼の焼肉です。

 

f:id:p0lar-star:20190316131047j:plain

すでにCP+でかなり使いこませてもらったこともありまして、大体の雰囲気は分かっていたのですが、きびきびと動く感じはやはり素晴らしい。ISOも3200でもノイズをあまり感じません。その上になると急に増えてくるのですが、それでも等倍で見たりしなければ破綻しません。十分使える高感度になったと思います。

 

f:id:p0lar-star:20190316123946j:plain

1/5秒でもブレない、手ぶれ補正。この手ぶれ補正はかなり使える手ぶれ補正だと感じました。GR Digital IVの手ブレ補正とは全く違う。この手ぶれ補正とF2.8のレンズとISO3200までほとんど違和感なく使える高感度があれば、手持ちで撮れないものはほとんどなし!まさに究極のカメラといっても構わないレベルに突入していると思います。

 

f:id:p0lar-star:20190316125055j:plain

露出補正ボタンがなくなってしまったので、ちょっとだけまだ違和感がありますが、慣れれば全く問題ない気もします。これはもう少し露出を増やしたかったですね。

 

f:id:p0lar-star:20190317071011j:plain

f:id:p0lar-star:20190317075133j:plain

色の出方っていうのも、割と広くなっているんじゃないかな。特に飽和しやすい赤も安心のバランスで仕上げてくれています。もちろん露出補正はかなりしています。

 

f:id:p0lar-star:20190317105459j:plain

横浜のシルク博物館。まゆの光沢感、いい感じです。

 

f:id:p0lar-star:20190317111647j:plain

こちらも同様に。

 

f:id:p0lar-star:20190317121521j:plain

ビーフサンド。ボケ味も結構いいです。

 

f:id:p0lar-star:20190317123509j:plain

ちょっとだけ気になるのは、少しだけ陣がさ型の歪曲収差がある?

こういう被写体だと気になってしまう。

 

f:id:p0lar-star:20190317133124j:plain

こちらからハードトーンモノクロの作例を。

今までエフェクトと呼ばれていたものがイメージコントロールという名前になっています。どれも実用レベルで、わざわざいじるためにRAWで撮る、ということもこのカメラではほとんどないかなと。

 

f:id:p0lar-star:20190317133456j:plain

f:id:p0lar-star:20190317134036j:plain

春の日なのに真夏の暑い日のような雰囲気になった。

 

f:id:p0lar-star:20190317134105j:plain

 ちょっと日本ぽくないエリアにて。

 

f:id:p0lar-star:20190317134645j:plain

このハードモノクロ、天気のいいときに、あえてモノクロームでバッキンバッキンなコントラストを使って表現したい時に使えば、すごく気持ちいい雰囲気に仕上げてくれます。

 

f:id:p0lar-star:20190317182915j:plain

f:id:p0lar-star:20190317183020j:plain

AFに関してはそれほど早くなっていないという意見もあると思いますが、APS-Cでレンズがこの感じであれば仕方ないのかなと。この辺はもう少し使ってからまた報告しますね。

 

という訳で使い始めて二日間の写真を中心に、まずは!のご報告でした。